PCレーシングシミュレーター(ゲーム)「GTR2」にて「SUPER GT MOD」の開発を行っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SUPER GT GT500 MOD v3.3 update2 リリース予告


皆様明けましておめでとう御座います!

JPN-Team B.B. SGT500 2nd Seasonを2月頃より開始したいと思っておりますが、その前に2nd Seasonに向けて「SUPER GT GT500 MOD v3.3 update2」のリリースを予定しています。

内容としては

・LEXUS SC430 2012スキン追加(一部モデル調整)。
・HONDA NSXのTAKATA車輌へのメタリックエフェクトの追加(上記画像)。
・フロントバンパー(スプリッター)の強度アップと破損モデルの統一化。
・接触判定用モデルデータの統一化。
・車体下部の路面との接触判定の調整。
・タイヤ発熱率の見直し(上方修正)
・AIドライバーデータの調整。

などを行います。


TAKATA DOME NSXのメタリックエフェクトは上記画像のような形です。
SC430のスキンについてはお楽しみに^^

フロントバンパーについては、より楽しくレースを行って頂きたい為、これまで外れ易すぎた状態からGTR2デフォルトレベルの強度へ上方修正しレースでの生存率を上げます。
また、これまで2通りあったフロントバンパーの破損エフェクト、
1.フロントバンパー全体が外れる(判定面積が広い)(NSX、Z、SUPRA)
2.ディフューザーが外れる(判定面積が狭い)
を「2.ディフューザーが外れる」エフェクトに統一化します。
上記により車輌によってバンパーの強度が異なるアンフェアな状況が回避されます(NSX、Z、SUPRAが不利だった)。

また、クラッシュなどや、縁石に引っかかった際などに発生しがちであった「空高く吹き飛ぶ」というアンリアルな現象を抑制すべく、車輌の路面との接触判定のパラメータ部分を調整致します。
これはTeam B.B.の活動人数的に様々なシチュエーションでのテストがあまり出来ておりませんのでupdate2を以って確認する予定です(クラッシュしないことを祈りつつ・・・(笑))。

タイヤ発熱率については、これまでサーバー内での高い気温と路面温度に対応できていなかった部分がありましたので、若干発熱し辛い方向へ上方修正を行います。

AIデータについては選手の能力をほぼ統一化することで、AIがよりリアルなレースを展開してくれるようになります。


リリースまでお楽しみに^^
[ 2013/01/15 01:31 ] MOD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ダウンロード

SUPER GT MOD
/// GT500 ///
SUPER GT GT500 2005-2013 MOD v4.0
-MOD本体
 ダウンロード(554MB)

NoGrip(別サイト)
-MOD本体
 Part1(238.42MB)
 Part2(238.42MB)
 Part3(77.56MB)

/// GT300 ///
- Japan SGT300 v1.3
  ダウンロード(66.50MB)
- Japan SGT300 PlusCarPack v1.0
  ダウンロード(25.55MB)

コース(おまけ)
- SGT SUZUKA v2.5
  ダウンロード(42.30MB)

その他
- テンプレート
 ダウンロード

シリーズ戦リザルト
JPN-Team B.B. SGT500
- リザルト&リプレイ
 Season1
 Season2
プロフィール

Team B.B.

Author:Team B.B.
Team B.B.のリーダーやっくん(Yakkun)と申します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。