PCレーシングシミュレーター(ゲーム)「GTR2」にて「SUPER GT MOD」の開発を行っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GTR2の快適動作の為に その1 「グラフィックカードの設定を見直す」

GTR2を動作させるに当たって、軽さと画質をうまく両立できるような設定を自分なりに調査しました。
各種グラフィックカードのドライバは常に最新の状態にしておく事をお勧めします。

※最新のドライバの項目ではない可能性があります。随時修正を行ってまいります。
・NVIDIA GFORCE : nVidia Contorol Panel の場合
mipmap を強制する ---------- なし ※今のバージョンには無い?
アンチエイリアシング - ガンマ修正 ---------- オン
アンチエイリアシング - トランスペアレンシー ---------- オフ
アンチエイリアシング - モード ---------- アプリケーションによるコントロール ※重要 GTR2config.exeのアンチエイリアシングLevel2で十分。後はお任せ。
アンチエイリアシング - 設定 ---------- アプリケーションによるコントロール
エラーレポート ---------- オフ
スレッドした最適化 ---------- 自動
テクスチャ フィルタリング - クオリティ ---------- クオリティ
テクスチャ フィルタリング - トリリニア最適化 ---------- オン
テクスチャ フィルタリング - クオリティ ---------- クオリティ
テクスチャ フィルタリング - ネガティブ LOD バイアス ---------- クランプ ※重要 ここが「許可」だとテクスチャがボヤける。
テクスチャ フィルタリング - 異方性サンプル最適化 ---------- オフ
トリプルバッファリング ---------- オン ※重要 1コマ遅延が発生するが垂直同期(Sync)によるティアリング(画面が波打つような現象)を防ぐためには必須。
ディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーション ---------- シングルディスプレイパフォーマンスモード
レンダリング前最大フレーム数 ---------- 2 ※重要 マシンスペックに余裕があれば1を推奨する。低い数値にする事でフレームの遅延を減らす事が出来る。
垂直同期 ---------- 強制ON ※重要 画面と同期させる事でとても滑らかな表示でゲームをプレイできる。垂直同期ONによりフレームの遅延が発生するが、それを余裕で打ち消す程の効果あり。
対応テクスチャ クランプ ---------- ハードウェアを使用する
拡張制限 ---------- オフ
異方性フィルタリング ---------- x16 ※x8でもよいが、x16とあまり負荷が変わらない。

※ウィンドウモードだと垂直同期できない為、フルスクリーンを推奨する。フルスクリーンの方が軽い。


・ATI RADEON : Catalyst Control Center の場合
アンチエイリアス ---------- アプリケーション設定を使用する ※形態学的フィルタリングにチェックは絶対に入れない。入れると超重くなる。GTR2config.exeのアンチエイリアシングLevel2で十分。後はお任せ。
異方性フィルタリング ---------- ピクセルごとのサンプル x16 ※x8でもよいが、x16とあまり負荷が変わらない。
ポリゴン分割 ---------- チェックを外して x64 ※ここで重くなるようであれば設定を下げてもOK。
Catalyst A.I. ---------- 画質 ※表面~~のチェックは外す。
垂直リフレッシュを待機 ---------- 常にオン ※重要 画面と同期させる事でとても滑らかな表示でゲームをプレイできる。垂直同期ONによりフレームの遅延が発生するが、それを余裕で打ち消す程の効果あり。
アンチエイリアシングモード ---------- マルチサンプルAA ※画質側に振るとかなり重くなる。
トリプルバッファリング ---------- チェックを入れる ※重要 1コマ遅延が発生するが垂直同期(Sync)によるティアリング(画面が波打つような現象)を防ぐためには必須。

※ATI Tray Toolを導入すると、ゲームごとのプロファイル管理、レンダリング前最大フレーム数など重要な項目を調整できるので便利です。
※ウィンドウモードだと垂直同期できない為、フルスクリーンを推奨する。フルスクリーンの方が軽い。



私は現在RADEONで基本的に上記の設定を使用しております。
[ 2011/05/26 23:11 ] 設定 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

ダウンロード

SUPER GT MOD
/// GT500 ///
SUPER GT GT500 2005-2013 MOD v4.0
-MOD本体
 ダウンロード(554MB)

NoGrip(別サイト)
-MOD本体
 Part1(238.42MB)
 Part2(238.42MB)
 Part3(77.56MB)

/// GT300 ///
- Japan SGT300 v1.3
  ダウンロード(66.50MB)
- Japan SGT300 PlusCarPack v1.0
  ダウンロード(25.55MB)

コース(おまけ)
- SGT SUZUKA v2.5
  ダウンロード(42.30MB)

その他
- テンプレート
 ダウンロード

シリーズ戦リザルト
JPN-Team B.B. SGT500
- リザルト&リプレイ
 Season1
 Season2
プロフィール

Team B.B.

Author:Team B.B.
Team B.B.のリーダーやっくん(Yakkun)と申します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。